贈り物の必要性

日本には、お中元やお歳暮などお世話になった人へ贈り物をする習慣があります。お中元とお歳暮は似ているように思いますが、実は違うところがいくつかあるのです。まず、贈る時期に違いがあります。お中元は、夏ごろに季節のご挨拶と言う意味合いも込めて贈る物です。かわって、お歳暮は字の通り年の暮れという意味があり、一年間、ありがとうございましたという感謝の気持ちを込めて贈る物になります。どれも、感謝の気持ちとして贈る物に変わりありませんので、お世話になった方へはきちんと贈るようにしましょう。

お中元に喜ばれるプレゼントランキング

no.1

洋菓子や和菓子の詰め合わせ

クッキーやマドレーヌなどなどの焼き菓子やチョコレートなど洋菓子は、お子様のいるご家庭や年齢層の若いご家庭に喜ばれます。水ようかんやくず霧などの水菓子は、暑い夏の時期にはぴったりでお年寄りなど年齢層の高いご家庭から喜ばれています。

no.2

お酒やジュースなどのドリンク

暑い夏こそ冷たい飲み物は欲しくなります。旬の果物を使用したフレッシュジュースの詰め合わせや、ビールなどのお酒の詰め合わせは幅広いご家庭から人気のギフトセットです。この時期しか発売されない限定のお酒も多く、酒好きの方にはとても喜ばれる贈り物です。

no.3

冷たい麺類やスープなど食欲の低下する夏にはぴったり

そうめんや冷や麦にうどんなど、暑い時期にさっぱりと食べられる麺類は、幅広い家庭から喜ばれます。また、カレーや冷静スープの詰め合わせなど、栄養たっぷりで手軽に摂取が出来る商品の詰め合わせも、近年は若い人から人気があります。

開店祝いやお中元を贈る方必見!贈り物をする時の基本とは?

フラワー

喜ばれるプレゼントとは?

贈りものをするシーンは色々あり、毎年のお中元や開店祝いなどが思い浮かぶでしょう。しかし、どんなものをプレゼントすれば相手は喜んでくれるのか、毎年悩んでいる人も多いでしょう。贈り物を選ぶポイントとしては、その贈る相手や家庭の環境を想像しましょう。小さなお子様がいるご家庭は、お子様が食べられるようなものを選んだり、ご年配の方がいるご家庭は和菓子などの詰め合わせも良いでしょう。また相手の好きなものを贈るのも良いと言われています。

贈り物をする際の注意点

贈り物をする際、お中元とお歳暮を一気にまとめて贈る事はタブーとされています。1度限りで贈る場合はお礼としてならいいでしょう。また、贈り物で選んではいけない品物があるのはご存知でしょうか。例えばスリッパや靴下など踏みつけるを連想するものは失礼になります。また、刃物もイメージが良くないので贈らないようにしましょう。

費用を確認しよう

送る相手によって費用が異なります。勤務先の上司の場合は3,000円から5,000円。友人や知人は3,000円から5,000円など、贈り先との関係が深いと金額も少々高くなってしまいます。お金がもったいないからと言って、金額設定を低くしてしまった場合、失礼に値します。平均相場に見合った贈り物をするようにしましょう。

開店祝いに関する疑問を解決しよう

開店祝いを贈る場合、どのタイミングがいいのか

開店祝いを送る場合、どのタイミングで贈るのがいいのか開店日が分かっていたら遅くても開店日の1週間前か前日に贈るといいでしょう。また、大安など縁起のいい日に届くようにするとワンランク上の気づかいとして良いと言われています。

開店祝いの贈り物の中身はどういったものが良いか

開店祝いの贈り物としてぴったりなものは、ギフトブックや胡蝶蘭や観葉植物などです。特にギフトブックは贈り先の人が好きなものを選べるとして、開店祝いだけではなく結婚内祝いなど様々なお祝いで利用されています。胡蝶蘭などの鉢植えは根を張るという縁起物とされているので開店祝いにぴったりです。

開店祝いで贈ってはいけないものはなにか

開店祝いとしてタブーと言われているものは、火事や赤字を連想されるもので、開店祝いには贈ってはいけないものになっています。また、火気類だけではなく、赤い花も縁起が悪いので贈る事は避けましょう。

お祝い金を包む場合の相場はいくら?

取引先や友人知人によっても贈る品の金額が異なります。親しい友人の場合は1万円、知人の場合は5千円、身内の場合は3万円から5万円包むのが相場となっています。また、現金ではなくても、商品券を該当する金額分包むといいでしょう。

のしを書く時の注意すべき点とはなにか

のしを書く際、ボールペンや万年筆で書くのはタブーです。開店祝いなど4文字は死文字といい使用しては行けない文字数です。頭に「御」を付けて5文字にするようにしましょう。肩書を入れる場合は、小さく名前の右上に書くようにしましょう。